総長ろぐ

soucyou.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 15日

靖国神社に

小泉総理の靖国神社参拝で朝からメディアは大騒ぎですね。

総長は世間で話題になっている心情とは 異なる意見をもっています。
総長は 『首相の靖国神社参拝は 国内の話』だと思っています。
ここ2日間のNHKスペシャルを見て よりいっそうその思いを確信いたしました。

『戦争は終わった』と 戦争を経験していない私が 意見できるものではないと思っていますが
私は アジア諸国、 はっきり言えば中国・韓国が 
日本人の『死者を敬う』と言う 心息が理解できていないのだと思っています。

もちろん 日本の教科書問題のような それはさておき
総長は 戦後61年たって 初めて戦争で何が起こったかを 話始めた方々の
心の気持ちをかんがえるべきではないかと 思っています。


最近になって、祖母から 初めて 総長の祖父も靖国神社に祭られていることを聞かされました。
祖母ですら 今になって 初めて身内に語るこの事実。
総長ごときが 思っているより ずっとずっと戦争の記憶と言うのは奥深いものだと痛感いたしました。

総長は 首相の靖国神社参拝は よいものだと考えます。
なんであれ 国のために命をささげた方々に 手を合わせるのは 悪いことではありません!
A級戦犯の方々たちも 死を持って罪は償われたのではないでしょうか?
[PR]

by soucyou_in_japan | 2006-08-15 18:23 | 多事争論


<< 浴衣で綺麗に。      タマオ急死!! >>