総長ろぐ

soucyou.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 08日

A-BIKEにアクシデント

絶好調のA-BIKE。 コツも掴み楽しくて楽しくてどこに行くにも持ち歩いています。
昨日もコンビニまでと思い いつものようにコギコギしていると ガクン!っと歯飛びする感触と音。
あれ?ガクン! ガクン!  次第に歯飛びの感覚が短くなっていきました。
ややや! これはチェーンの張力不足かな?と チェーンのテンションを触ってみると ゆっるゆる!(笑)
しかしその時おかしいぞ?と思いました。 総長はポケバイ経験があるので この程度のたるみで歯飛び?ましてや動力は人間。
まさか歯車かな?と思い始めた瞬間、 左部分の取り付けボルトの傾きに気がつきました。
これか・・・ これはベアリングが破損したのかも・・・・・

早速、ピットに戻って分解してみると・・・・・
ベアリングが砕けるのは近年ではよく見かけることですが なにもA-BIKEがね~(笑)
とにかく 原因を究明し今後の歯止めにしなければなりません。 そこで日常の業務が少しだけ役にたちます。
内径8×外径22×厚み7、便覧で調べた結果608ZZと言うダブルシールド型のベアリングという事わかりました。
気になる動荷重を見てみると3350N(341.60kg)です。
ベアリングは左右両側についているので計算上は単純に341.60kg×2個=683.2kgの人間が乗っても大丈夫な計算になります。
(わかりやすく例えるなら ちょっとした軽自動車がのっても大丈夫な計算です)
しかし計算対象は自転車なので 衝撃荷重やスラスト方向の荷重も考慮し安全率を3倍にとっても 230kgほどの人が乗っても大丈夫な計算です。
となると 考えられる要因は一つ! ベアリングの不良という結果に辿り着きます。
メーカーに連絡して交換と思ったのですが 近年の粗悪鋼材の事を考えれば 大手純正ベアリングを入れた方がGOOD!
1個200円程度のものなので 両側ともベアリングの交換をすることにしま~す。
ベアリング交換インプレッションはいずれまた! お楽しみに~


参考
今回、ベアリングトラブルのおかげで思いがけない収穫がありました。
それは各部の動きが渋い! 乗っていれば馴染んで行くという設計なのかもしれませんが ちょっとね~
特に感じたのがステムです。 これは歯飛びで、しかたがなく押して歩いて入るときに感じました。
ペダルも渋く、ブレーキシューも引きずっていました。 よくよく見てみれば いじりがいのある自転車だぜ!
さてさて この先、どんなカスタマイズをしていくか 皆さんお楽しみに~
[PR]

by soucyou_in_japan | 2008-09-08 20:23 | バイク


<< RCの保管は? Say【せぇ~い】。      5代目電卓≪fx-370ES≫ >>