総長ろぐ

soucyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 29日

サロネーゼ

最近話題になってる サロネーゼ。
少人数の教室を開く主婦の事をサロネーゼと呼んでいます。
シロガネーゼ・サロネーゼ・・・・(笑)

そのうち、自宅でラジコンをいじる主婦たちを
ラジネーゼなんて呼ぶようになるんじゃない?(笑)
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-29 23:09 | 多事争論
2005年 03月 29日

ショットバー予選 1ヒート目

ひどいよ ミライさん・・・・・ っっていっても T2系のミライさんじゃないからね
ひどいのは うぇた前だけだわ!
そう! ミーティングで話題になった 『うぇた前は気に入った友達しかお気に入りのショットバーに行かない』のです
総長が知る限り あっくんは行ってるみたいです。

あなたは うぇた前の行きつけのショットバーに行ったことがありますか?
聞けば 中のいい友達しか連れて行かないって噂です!
ひどい! ひどいよミライさん! じゃなくって うぇた前!

さーうぇた前のショットバーに行ける 予選通過者はだれかな?

※とったん・やっこ・傭兵>金で買収はレギュ違反です
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-29 18:44 | 多事争論
2005年 03月 28日

これが 数ヵ月後に発表されるモナリザ

b0028033_20523611.jpg


これが 数ヶ月後に発表されると思われる もう一つのモナリザです
ルーブル版と比較すると違いは一目瞭然!
アイルワース版 モナリザとして 発表されると思われます。
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-28 20:54 | サイエンス
2005年 03月 20日

動かなくなっちゃったシリーズ!


私の周りにはライダーが多いです。
したがって 事故・トラブルもそれに比例します。
そこで 近年の『バイク動かなくなっちゃった』と題して
まとめてみました。
一部画像には配慮が施されてますのでご了承ください。








b0028033_1635322.jpg


b0028033_16351523.jpg


b0028033_16352585.jpg


b0028033_16353515.jpg


b0028033_16354653.jpg


b0028033_16355760.jpg


ありゃ! これは なくなったんだった。
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-20 16:36 | バイク
2005年 03月 16日

すみません

b0028033_1756486.jpg

二宮さん申し訳ありません。
皆が見たがっていたので 画像で収めさせていただきました。
二宮さんが 今後 長くいつづけるであろう聖地には
誰も立ち入らぬように 場所は分からないようにしておきました。
また、二宮さん自体の存在も そう簡単に分からないように
失礼とは思いましたが 巨大な重量物を置かさせていただきましたので
ご安心ください。

誤解の無いように申し上げますと
ポッキンがバレないように 工場の超端っこに隠したのでは
決してありませんので ご理解ください。
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-16 17:57
2005年 03月 15日

卒業式の定番曲

卒業式の定番になっている「蛍の光」。
「蛍の光」の原曲は、スコットランド民謡であることは 良く知られていますよね。
卒業式で唱う歌詞だと「別れの曲」になっていますが、
実はこの歌詞、訳詞ではなく純国産のオリジナルなんだそうです。
それで、もともとの曲はというと「旧友を偲(しの)ぶ歌」なんだそうです。
そもそも原題は "Auld Lang Syne"(スコットランド語)で
英訳すると"Old long ago"つまり 「遠い昔」という意味となります。
原曲の歌詞は18世紀後半に活躍した”ロバート・バーンズ”という
スコットランドではとても有名な詩人の作だそうです。
なんでも日本でも訳詞で唱われたこともあったそうです。
それじゃご本家”スコットランド”では、もともとどういったときに唱われたのかというと・・・
気の置けない仲間達が集まって晩餐を楽しみ、最後に別れるときに再会を誓って
唱われるのだそうです。
これはそのテレビ番組でやっていたんですが、今でもスコットランドでは、
”ロバート・バーンズ”の誕生日に親しい友達が集まり、「ハギス」というスコットランドの
郷土料理(詳しくはエジンバラ編をご覧ください。)を食べながらお祝いする習慣があり、
この日はズバリ”バーンズ・ナイト”というそうです。
番組の最後では、この日のパーティーのホストがバグパイプを持ち出し、
みんなが輪になって手をつなぎ合って、この"Auld Lang Syne"を大合唱していました。
どうも「蛍の光」のイメージが強く、訳もなく目頭が熱くなってしまうのは
日本人の悲しい性(さが)なんでしょうか?
ホームページで原詩の全文を見つけましたので、ご紹介しておきます。
スコットランドへ出かけるときは覚えておくといいかも・・・?

-Auld Lang Syne-
Should auld acquaintance be forgot,
And never brought to mind?
Should auld acquaintance be forgot,
And days of auld lang syne!

(Chorus)
For auld lang syne, my dear,
For auld lang syne,
We'll tak a cup o' kindness yet,
For auld lang syne.

And surely ye'll be your pint stowp,
And surely I'll be mine!
And we'll tak a cup o' kindness yet,
For auld lang syne.

(Chorus)

We twa hae run about the braes;
And pou'd the gowans fine;
But we've wander'd mony a weary fit
Sin' auld lang syne.

(Chorus)

We twa hae paidl'd in the burn,
Frae morning sun till dine;
But seas between us braid hae roar'd
Sin' auld lang syne.

(Chorus)

And there's a hand, my trusty fere!
And gie's a hand o' thine!
And we'll tak a right gude-willie waught,
For auld lang syne.

(Chorus)
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-15 19:01 | 多事争論
2005年 03月 14日

地元の輪なの??

b0028033_1743459.jpg

メディアなどでも 取り上げられた 『一汗運動』!
これは 県西部のとある住宅街の中にある交差点で撮影したものです。
実は私、ニュースなどでは目にしていたのですが 本物を見たのは初めてです。

ご存じない方のために ご説明しますと、 
交差点などにある横断歩道に積もってる 雪をみんなの気持ちで
除雪しよう!という 運動なのです。
石川県や福井県では昨年から導入されているそうです。

実は 本物を見たのが初めてだったので 車を停車させ 近くに行ってみてみたかったのです
なにも スコップを見たかったのではありません。(それくらいでわざわざ見に行きませんからね(笑))
実は画像でも分かるように スコップが収納されている緑の入れ物に目を奪われたのです。
すっげ! こんな大きいものが 一体成形・・・・・ 是非見てみたいという思いからでした。

実際 近くで見てみると 意外なことに驚かされました。
スコップを使った形跡が無い! スコップの先端はアルミ製だったのですが
まったくの新品! しかし 砂誇りの形跡から かなり前から設置してあるのが伺いしれました。
ん~これは・・・・どういうことだ??

通常 市街地ではない場所では 都市部などと異なり 住民同士の交流が多くあるはず、
こういった スコップ運動などがあれば 模範的な交差点になるはず!!
しかし・・・これは どういうことなんだろう??

まてよ・・・ 設置を考えた人の立場になれば 答えは簡単!
歴史がある町並みとはいえ 歩道に雪が積もっていて そのままってのは見苦しい
そこで スコップ運動を導入した。
そうです ここは元々 ほったらかしの歩道橋!
だからこそ 行政がスコップ運動を 採用したのではないでしょうか?

住民同士の交流が多そうな町並みでも 逆を返せば
スコップが設置してあるだけで その町の道徳心が明らかになってしまう
怖い存在ではないでしょうか?

あなたの町にスコップはありませんか?
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-14 17:43 | 多事争論
2005年 03月 14日

鉄人28号

b0028033_1742622.jpg

今日TVを見ていたら鉄人28号のCMをやっていた。
その中で 正太郎君と思われる男の子が
『鉄人は武器を持たないロボットなんだ!』と言っていた。
え?そうなの? 知らなかった。
かつての 正義の味方たちは必ずといっていいほど必殺技をもっている
なんで鉄人はもってないんだろう?
 持てばいいのに・・・
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-14 17:42 | 多事争論
2005年 03月 10日

ムシキング ブレイク!

b0028033_18334482.jpg
なんと今ショッピングセンターなどのゲーム機で
UFOキャッチャーを凌ぐ 大人気のゲームがあります!
昨年あたりから 一部では徐々に火のついていた その名も『ムシキング』
最近では ゲームセンターなどにもおいてあり 連日子供たちの長蛇の列なのです
ゲームセンターマーケティング!!
午前中=夜勤あがりのサラリーマン
午後1時~4時=ムシキングの子供たち
午後4時~7時=イメクラ系の高校生たち
午後7時~10時=会社員
午前1時~=遊び人たちの時間

この ムシキング なかなか単純でおもしろい!
ただ 画面に出てきた 昆虫にむかって たたく や なげる!などの
ボタンで勝ち負けを決めるゲームなのです。
言ってみれば じゃんけんみたいなもの。
勝てば 新しいカードが出てきて コレクションできるようになっている。
子供たちが やっているのをみていると 実に簡単で単純。

近年、家庭用ゲーム機からの子供離れがメディアによって報道されているのも
納得の風景でもあります。 そう 最近のゲームは難しい! 
今 ゲーセンでは 昔ながらの 簡単なゲームに学生たちが群がっています
それらを見ても 幼い子供が ムシキングのような簡単なゲームに
熱中するのも分かる気がします。

あと10年後ゲームセンターはどうなってるのかなぁ~
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-10 18:34 | 多事争論
2005年 03月 10日

ちょっとまて! 第二段:拍手


拍手人は、うれしいとき、感動したとき、人を歓迎するとき拍手をして気持ちを表します。
起源は、古代ギリシャの演劇を見た観客が最初だといわれています。
手は体の中で最も上等な器官だと考えられていたので、その尊い手から出た音には、
相手を ほめる意味があるといわれたわけなのです。
さらに、音が出しやすく、いい響きをもっていたことも理由のひとつなのです。

しかし、日本に伝わったのは明治になってからだそうです。
ちょっとまて! と言うことは 江戸時代どんなにすばらしい歌舞伎を見ても
拍手がなかったって事?
[PR]

by soucyou_in_japan | 2005-03-10 18:33 | 多事争論